ハウスメーカーの坪単価相場

【注意】ハウスメーカーの坪単価を鵜呑みにしてはいけない

これから家を建てようという人が最も気になることは何でしょうか。
家のデザインや快適な間取り、便利な最新設備や、地震などの自然災害への備えも気になりますが、やはり誰もが心配しているのがお金のことです。

 

住宅が高価な買い物だとは分かっていても、具体的にどのぐらいの費用がかかるのかを最初から把握している人はいません。
住宅価格は広さや豪華さによってまちまちで、相場というのも非常に分かりにくいです。

 

坪単価を鵜呑みにしてはいけない

具体的な価格は見積もりを取ってからになるとしても、おおよそどのくらいの費用がかかるのかをまず走っておきたいというのが普通でしょう。
そうした場面で参考にされるのが「坪単価」という単位です。

 

住宅広告や宣伝で見かけるこの坪単価は、住宅価格を一坪あたりの価格に換算しているため、希望の家の広さにあわせた住宅価格を誰でも簡単に計算
できるようになります。

 

「坪単価が45万円で30坪なら、1350万円でマイホームが手に入る……!」と空想したことのある人も多いのではないでしょうか。

 

坪単価はハウスメーカーや工務店の価格を比較する際にもよく用いられています。

 

ハウスメーカー別に坪単価を一覧にし、ランキング形式で紹介していることもあります。一覧から坪単価の安いハウスメーカーを選び、そこで家を建ててもらえばお得にマイホームが手に入れられると考えている人もいることでしょう。

 

しかし残念ながら「坪単価」は家の価格を予想する材料にも、ハウスメーカーの価格を比較するための資料にもなりえません。

 

多くの場合、坪単価と面積だけで計算された住宅価格は実際のものよりも安すぎます。例えば、坪単価40万円で30坪の場合、単純計算すれば住宅価格1200万円となるはずです。

 

しかし実際に見積もりを取ってみると、どんなに安くても1500万円、多い場合は2000万円ほどになるのが普通です。

 

なぜ坪単価が実際の住宅価格とかけ離れたものになってしまうのでしょうか?

 

ハウスメーカーや工務店が何の根拠もないデタラメな坪単価を提示しているのではありません。

 

各ハウスメーカーではきちんとした根拠をもとに坪単価を計算し、広告や宣伝に使用しています。

 

ただし、計算方法やもととなるデータそのものに問題があるため、本当の価格と坪単価から求めた価格に乖離が生じてしまっています。

 

坪単価をハウスメーカー選びなどに使っている人も多いですが、坪単価と実際の値段が違うことを知らないままでいたために、家づくりに失敗してしまうケースは後を絶ちません。

 

想像以上に費用がかさんで予算オーバーしてしまったり、一番安いハウスメーカーを選んだつもりで割高な会社を選んでしまったりなどの過ちを犯さないためには、坪単価に関する正しい理解が必要です。

 

坪単価とは?

坪単価は一坪当たりの家の値段です。
住宅価格を面積で割って求めます。

 

例えば、40坪で2000万円の住宅の場合、坪単価は50万円です。

 

家族の人数や土地の広さが関係するため、家の広さは人それぞれです。

 

坪単価が分かれば、自分の求める住宅の広さにあわせて住宅価格を計算できるようになり、非常に便利です。
また、一坪当たりの値段に統一することで、いろいろな会社の住宅価格を比較するのにも利用されます。

 

例えば坪単価50万円のA社で30坪の住宅を建てると1500万円かかるが、坪単価40万円のB者なら1200万円で家が建つ、などのように使われます。

 

しかし冒頭に述べたように、坪単価は住宅価格を計算するのにも価格の比較にも役立ちません。なぜなのでしょうか?

 

坪単価を左右する5つの要因

坪単価が住宅価格の計算や値段の比較に向いていないのは、坪単価が様々な要因によって簡単に左右されてしまうためです。

 

坪単価を大きく左右する要因は大きく次の5つに分けられます。

 

・建物価格の内訳
・面積の計算方法
・標準仕様の違い
・基準となる家の広さ
・地域による住宅価格の差

 

一見明確で公平な単位に見える坪単価ですが、ハウスメーカーや工務店によって、住宅価格の内訳も面積の計算方法もバラバラです。
これでは比較になりません。

 

また、同じような見た目の家でも、大きさや広さ、周囲の状況によって価格は大きく変動します。

 

他の人が別の所に建てたのと同じような家を自分が建てようとしても、同じ値段で建てられる保証はどこにもありません。

 

坪単価の数字だけから最終的な家の価格を予想するのは専門家でも困難です。

 

建物価格の内訳

坪単価は「住宅価格÷坪数」で求めます。一坪は約3.3uですが、では「住宅価格」とは何を指しているのでしょうか?

 

普通、家の値段というと、建物が完成していて、壁や床などが完成していて、電気も水道も通っている、今すぐにでも引っ越しして住めそうな状態まで工事を終えたものを想像することでしょう。

 

人によっては、門や塀、庭などの外側の部分も含めて考えているかもしれません。

 

しかし、坪単価の場合、家の値段が指しているのはあくまでも建物部分ということが多いです。

 

門や塀、カーポートなどの外構部分は含まれないのが一般的で、屋外の給排水工事や電気工事も建物価格とは別とされていることが多いです。

 

カーテンやエアコンの工事、その他のオプション費用も当然含まれません。

 

家を建てる時に絶対に必要になる手続きのための費用や税金、住宅ローンの手数料なども坪単価には含まれていません。
どこまでを建物価格に含めるのかはハウスメーカーや工務店によってまちまちであるため、建物価格では価格の比較にはなりません。

 

また、住宅購入にかかる総費用のうち、建物以外の費用が2割から3割ほどを占めると言われています。

 

坪単価と面積をかけ合わせた予算では到底足りません。

 

面積の計算方法

次に考えるべきなのは面積の計算方法です。
同じ坪やuの単位を使用していればどこも同じと思うかもしれませんが、面積の計算方法も会社によって微妙に違います。

 

まず、住宅の広さには2種類あります。
一つは「延べ床面積」、そしてもう一つが「施工床面積」です。

 

延べ床面積は法律によって計算方法が決まっています。

 

壁の中心から部屋の広さを決めるため、実際に使用できるスペースと若干の差はありますが、どこの会社が測っても面積は同じです。

 

ただし、屋根や壁のないバルコニーやテラス、ポーチ、外階段などは延べ床面積に含まれません。
大きなテラスのある住宅とそうでない住宅では、住宅価格や坪単価に差が出ることになります。

 

一方、施工床面積にはバルコニーやテラスなども含まれます。

 

しかし、どこまでを施工床面積に含め、何を床と数えないのかはハウスメーカーや工務店によって違います。
吹き抜け部分をカウントする会社もあれば、そうでない会社もあります。

 

バルコニーやベランダの関係上、延べ床面積よりも施工床面積の方が広くなります。

 

坪単価を安く見せるために、施工床面積で住宅価格を割って坪単価を計算している会社が多いです。

 

また、当然施工床面積を広く取れば取るほど坪単価を安く見せかけることができます。他の会社よりも少しでも安く見えるように、床面積の計算方法に工夫をこらしている会社は少なくありません。

 

標準仕様の違い

坪単価に必要な建物価格は、実際に建てられた住宅の値段を参考にするのではなく、標準仕様の家を建てた場合のサンプル価格を参考にするのが普通です。

 

「標準仕様」と言っても、内容はハウスメーカーや工務店によって違います。

 

たくさんの設備を標準仕様に含めた便利な家を標準としているハウスメーカーもあれば、ギリギリまで無駄を削ぎ落としたシンプルで低価格な住宅を標準としている工務店もあります。

 

住宅価格を比べるためには、標準使用に必要なものを加えて条件を揃える必要がありますが、坪単価になってしまっては条件を揃えるのが難しくなります。

 

中には、見た目の価格を安くするために限界までグレードを下げたものを標準としている会社もあります。
グレードを上げないと使い物にならないため、結局高く付いてしまうというトラブルも多いです。

 

基準となる家の広さ

坪単価について考える際に忘れてはならないのが家の広さです。

 

一つの家の中でも、たくさんお金のかかる場所とそうでない場所があります。

 

例えば、浴室やキッチン、トイレなどは設備を置いたり、配管をしたりする関係で面積あたりの費用が高くなります。
一方で、寝室や子ども部屋などは普通の壁と床があれば良いので、比較的安く作れます。

 

トイレの数は家の広さに応じて増えることもありますが、どんな住宅にも必ず一つは必要になります。
バスルームやキッチンも同じです。どんなに広い住宅でも、狭小住宅でもこうした設備は絶対に必要になります。

 

そのため、広い家と狭い家では、全体の価格は広い家の方が高くなりますが、住宅価格のうち住宅設備の占める割合は狭い家の方が大きくなってしまうのです。

 

つまり、全く同じ仕様・グレードの住宅でも30坪の住宅と50坪の住宅では、50坪の住宅の方が坪単価は安くなります。

 

広告に使う坪単価を決める際、広い家を想定して坪単価を求めればより坪単価を安く見せかけることができるようになります。

 

そのハウスメーカーがどのぐらいの広さを想定して坪単価を計算しているかが分からなければ、信用できる数字とは言えません。

 

地域による住宅価格の差

もしかしたら、広告に載っている坪単価が信用できないと聞いて、自分で計算してみたいと考えている人もいるかもしれません。
また、坪単価ではなく他の人が購入した住宅価格を参考にする予定の人もいることでしょう。
この時注意してほしいのが、住宅価格には地域差があるということです。

 

少し前のデータになりますが、平成15年の都道府県別坪単価のベスト・ワースト5を見てみましょう。

 

ベスト5
1.東京:73.5万円
2.神奈:70.3万円
3.大坂:67.8万円
4.京都:65.9万円
5.奈良:64.9万円

 

ワースト5
1.宮崎:47.6万円
2.青森:50.1万円
3.鹿児島:50.4万円
4.徳島:51.0万円
5.熊本:51.5万円

 

人件費や工事コストの高い都市部ほど高い傾向にあります。
最も東京と宮崎では平均坪単価に20万円以上の差があります。

 

坪単価20万円の差は、40坪の住宅なら80万円の差になります。坪単価や住宅価格を比較する際は、どの地域のもので建てられた住宅であるのかを必ず確認しなければなりません。

 

坪単価を正しく利用する方法は?

住宅価格に限らず、何かを比較する際は条件を揃えることが必須です。

 

もし坪単価をハウスメーカー・工務店の比較に用いるのであれば、以下の条件を揃えてから使用する必要があります。

・建物価格に含めるものと含めないもの
・面積の計算方法
・仕様とグレード
・基準となる家の広さ
・地域

 

条件の揃った坪単価であれば、正確な比較に仕様できます。
ただ、わざわざデータを揃えて坪単価を自分で求めるのには時間も手間もかかり、到底現実的とは言えません。

 

そもそも坪単価が好まれるのは、簡単に家の値段がわかって比較できる(ようにみえる)ためです。
坪単価の計算に時間を掛けるようでは本末転倒でしょう。

 

やはり坪単価は広告を飾るための数字でしかなく、実際に住宅を購入する段階で役立つようなものではありません。

 

しいて活用方法を上げるとすれば、坪単価によってそのハウスメーカーや工務店のスタンスが伺えるということぐらいでしょう。

 

注文住宅の坪単価は40万円から60万円ほどが平均とされています。
60万円を超える坪単価のハウスメーカーは、知名度の高い大手か高機能の住宅を取り扱っている会社です。

 

坪単価40万円未満の注文住宅は、ローコスト住宅に分類できます。シンプルではありますが、ともかく安さを売りにしている会社です。

 

住宅価格を比べるには?

住宅価格を比べるのに最も適した方法は見積もりを取ることです。

 

ハウスメーカーや工務店に住宅の広さ家族構成、予算を伝えれば簡単な間取りを作成してもらうことができます。最近では一括で見積もりやプランを依頼できるサービスもあり、簡単におおよその値段を知ることができます。

 

見積もりやプランの作成には多少時間もかかりますし、場合によっては費用もかかります。
しかし坪単価を利用するよりもずっと正確な値段を知ることができます。

 

失敗しない家づくりのためには比較が重要です。

 

坪単価が好まれる背景には、住宅価格の分かりにくさがあります。
坪単価を利用せずに、見積価格が妥当かどうかを判断するためには、他の見積もりやプランとの比較が必要です。

 

価格以外の面でも、比較は家づくりで重要な工程です。どんなこだわりをもって家づくりを行っているかは各社で異なります。
複数社を見比べることが、新たな観点を獲得するのに役立ちます。

 

最新の設備や技術の状況、トレンドなどについて調べる際も、広い視野をもって挑んだ方がより深い情報を得ることができます。

 

もしすでに心に決めた依頼先がある場合でも、条件の近いハウスメーカーをいくつか見比べてみることをおすすめします。

 

他社の住宅から今のプランをより良くするためのヒントを得たり、今まで気が付かなかった依頼先の長所を発見し、より満足できる家づくりにつながったりするかもしれません。

 

注文住宅の依頼先と住宅価格

ここからはどこに家づくりを依頼するかを考えていきましょう。

 

注文住宅の依頼先は大きく分けて次の3つ。

・ハウスメーカー
・工務店
・建築家

 

それぞれにメリット・デメリットがあり、一概にどれが良いとは言えませんが、今回は費用をメインに考えていきます。

 

ハウスメーカー

工務店とハウスメーカーを分ける明確な基準はなく、一般的には住宅を取り扱う会社のうち、比較的規模の大きいものをハウスメーカーと呼んでいます。

 

大手ハウスメーカーの平均本体価格は以下の通りです。

・三井ホーム:3,954万円
・住友林業:3,770万円
・積水ハウス:3,700万円
・ヘーベルハウス:3,074万円
・大和ハウス:3,370万円
・セキスイハイム:3,030万円
・パナホーム:3,473万円
・ヤマダエスバイエル:3,836万円
・ミサワホーム:2,712万円

 

実際に住宅を購入する際には、上記の費用に加え土地の費用や諸経費も別途必要になります。
住宅の広さは40坪前後が平均です。

 

工務店

一口に工務店と言っても、その規模は様々です。年間100棟以上も新築住宅を扱う準ハウスメーカーと言えるような大規模な工務店もあれば、その地域でコツコツと地道に経営を続けている小さな工務店もあります。

 

価格も様々です。ハウスメーカー顔負けの高級感と高品質で高価格な注文住宅を取り扱っている場合もありますし、価格の安い手頃な注文住宅を得意としているケースもあります。

 

一般的には下請けマージンや広告費用の少ない工務店の方が安くなりやすいとされており、同じような仕様の住宅であれば、ハウスメーカーに依頼するよりも工務店に依頼した方がお得です。

 

ただ、工務店は知名度が低く、よい依頼先を見つけるにはハウスメーカーよりも手間がかかります。家づくりに時間がかかれば、その分だけ今住んでいる家の家賃を支払う時間も長くことも忘れてはなりません。

 

また、規模の小さい工務店の場合、保証やサポートなどが弱い場合も多いです。注文住宅は家の完成がゴールではありません。その後何十年と暮らしていく中で必要になるメンテナンスや修繕についても考えておくべきでしょう。

 

住宅価格について考える際は、目の前の建築費用だけでなく、家を建てるまでにかかる費用や、維持管理にかかるコストなど広い視野をもつことが重要です。

 

建築家

建築家に依頼して注文住宅を建てるという方法もあります。

 

建築家と聞くと、個性的で高価な住宅というイメージを抱いている人も多いかもしれません。

 

しかし、建築家の中には安価な一般住宅を取り扱っている人もいるのです。

 

建築家に依頼すれば、ハウスメーカーや工務店では難しい個性的で柔軟な家づくりが可能になります。
家族一人ひとりに寄り添う快適な住宅を実現することもできますし、普通では考えられないほど思い切って無駄を削り落とした超シンプルな家づくりも可能です。

 

建築家に依頼する家づくりは工務店以上に価格は様々で、一概に高いとも安いとも言えません。
ただし、既存の商品やテンプレートに沿って家づくりを行うのではないため、ハウスメーカーや工務店に依頼するよりも時間が必要になるのは間違いないでしょう。

ハウスメーカーの坪単価相場

家を建てる予定、またはすでに建て始めている方は予算にあった住宅を建てますが、坪単価について考慮されたでしょうか。

 

坪単価によって、予算内で建てられる住宅の規模や内容は大きく変えることが可能です。

 

坪単価はだいたいいくらくらい?

ハウスメーカーによる一般体な坪単価はどのくらいでしょう。大きく分けると下記の様な3つの価格帯と特徴に分けることができます。

 

 

30万〜50万
 価格帯、特徴・・・ローコスト

 

 

51万〜65万

 

 価格帯、特徴・・・中間、中堅業者

 

 

66万〜75万以上
 価格帯、特徴・・・ハイコスト 大手業者

 

 

予定されている坪単価は上記のどの価格帯に入りましたか?

 

価格帯が低い方が、ローコストで住宅建設を行っている業者になっており、坪単価が高い価格帯は大手のハウスメーカーによる建設の場合が多いです。

 

業者によって金額が変わるということがお分かりいただけたのではないでしょうか。

 

理想の坪単価で住宅を建てるなら

 

上記で見ていただいたように、坪単価は業者によって大きな差が存在します。

 

そのため、場合によっては計画されている内容がご自身の理想の住宅に適しているか、再度考え直す必要があります。
その際におすすめしたいのが、住宅の専門家に相談することです。

 

こちらではアドバイザーが、中立的な立場で住宅に関する相談を受け付けています。理想の住宅に適した坪単価についてのアドバイスを受けたい方はぜひ上記よりご相談ください。

 

理想の家作りにおいて妥協は許されませんので、ぜひ相談をしてみましょう!